コンビニ 善意の小学生を犯人扱い

大人がまともじゃないと、良い子は育ちません。

大分・コンビニ:「万引き」届けた小学生6人を犯人扱い  (毎日)

◇経営者が警察に通報も 防犯ビデオ分析で無実判明、謝罪

 大分県日田市のコンビニエンスストアで、商品の遊技用カードの袋が破れているのを店に届けた小学生6人を経営者が容疑者扱いしていた。警察の捜査で別人物が破っていたと判明し、店側が謝罪したが、父母によるとうち1人は一時学校を休んだといい、善意を逆にとられたショックは癒えていないという。

 児童の父母によると、3〜5年生の6人が7日朝、この店で買い物をした際、2袋が破られて床に落ち、一部のカードが抜き取られているのを見つけ、店員に届けた。翌8日、コンビニの経営者が児童と保護者を呼び出し「破って中のカードを盗んだだろう」とただした。児童は「何もしていない」と否定したが、店側は警察に通報。児童6人は県警日田署で個別に事情を聴かれた。

 その後、防犯ビデオの分析で6人は無関係と判明。事情を知った経営者夫婦や店長ら5人が謝罪したが、泣きじゃくる児童もいたという。

 毎日新聞の取材に対し、コンビニチェーン本部(東京)広報センターは「経営者から『口頭で謝罪した』との報告があったが、更に事実関係を確認し、きちんと対応する」とコメントしている。【楢原義則】

  (http://mainichi.jp/select/news/20150214k0000e040203000c.html

こういう人たちは、一体何者なんでしょうか。

万引伝えた小学生を犯人扱いし警察に通報・別人が犯人と判明、経営者謝罪もせず・大分のコンビニ
    (coffeeさんのブログ)

<一部抜粋>

このコンビニ経営者は、完全に憶測だけで、善意の小学生6人を犯人と決め付け、警察に通報した。

万引きの様子を目撃したわけではないのだから、犯人とするには防犯カメラで確認しなければならなかった。

これでは、何のために防犯カメラを設置しているのか分からない。

結局、後から防犯カメラを確認したら、犯人は別人だった!

しかも、当該コンビニ経営者は、犯人が別人だったと分かった後も、保護者から問い合わせがあるまで保護者や小学生たちに報告も謝罪もしなかった!

警察も、こんな異常なアホ経営者の通報を真に受けて、小学生を一人一人取り調べたというから情けない。
______________

890 :可愛い奥様@\(^o^)/:2015/02/15(日) 04:56:39.53 ID:9gevp81s0.net
今回まとめ

コンビニオーナーが在日夫婦
こいつらは東京で薬物を少年に飲ませて逮捕

そのオーナーとくっついてる精神科医
在日に都合が悪いと、
精神安定剤飲ませて病院にぶちこむ

その精神科医は
弁護士と組んでカルト宗教をやっていて、
XJAPANを洗脳して殺して情報を封鎖

その弁護士は日本一のカルト宗教用の弁護士で、
オウム事件にも関わっている

  (http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5735.html

過去にもいろいろやっている人のようです。
また、悪い仲間がいるようですね。

物騒なので危険人物はきちんと取り締まってほしいですが、なんか変に緩くなっていないのかなぁ?

この記事へのコメント

coffee
2015年02月18日 22:48
電話しても、居留守つかって誰も出ないので、セブンイレブン日田庄手店で間違いないでしょう。
子供たち6人が犯人ではないことを知っても、報告も謝罪もしなかったのだからコンビニ経営者は異常です。

この記事へのトラックバック