バックは任せろ! 〜 察する日常 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「強制連行」の捏造に利用される軍艦島 

<<   作成日時 : 2015/03/08 16:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

かなり前の話になりますが世界遺産をめざす「軍艦島」について、変な話が世界に流布されていたようです。

  ・2013年10月号 (ニュース・セレクション3 「007」にも登場! 鉄とコンクリの巨大廃墟「軍艦島」)
    (上から3つ目の動画です。英語ですが後半に朝鮮人が話す場面あり)

   (参考:英文のみ) ・Japan's 007 island still carries scars of wartime past
                ・Dark history: A visit to Japan's creepiest island

わたしは長崎市出身なんですが、軍艦島で「朝鮮人の強制連行」があったなど聞いたこともありませんでした。
なのに上記のCNNのニュースでこの話を初めて聞いて驚いたと同時に、腹が立ちました。

何で地元民が海外経由でこんな話を聞かなければならないのでしょうか?
せめて日本国内でそれなりの話題にしてから海外に話を持っていってほしいものです。

韓国は「端島」を「監獄島」とし世界遺産登録の妨害を始めている (近野滋之Blog『民族主義者の警鐘』)

<一部抜粋>

長崎県の端島は、明治になって炭坑会社が本格的な採掘を始め、立派な海底炭坑となりました。
当時の炭坑とは近代日本の象徴で、端島は日本の近代化を支えた島でした。

端島に集まる炭坑夫とその家族のために、最新式の集合住宅・学校・病院・映画館・店舗・理髪店などが建てられました。
日本で最初の鉄筋コンクリート住宅は、東京よりも早く端島に建設されました。

1916年(大正5年)に建設された日本最初期の鉄筋コンクリート造の7階建て高層アパートを皮切りに、島内には幾重に重なる高層アパート群が建ち並びました。
また、高層アパート屋上の庭園には菜園などもあり、今日の温暖化防止につながる技術も備えていました。

端島に集合住宅などの建設が終わり、端島を遠目から見ると、帝国海軍の戦艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれました。

______________

1944〜45年の端島に約800人の朝鮮人労働者がいたとしても、日本政府が朝鮮人を強制連行したのではありません。
この朝鮮人労働者とは、自由意志で働いていた朝鮮人と、当時は日本国民の義務として徴用された朝鮮人です。

炭鉱などの開拓史は、「過酷な労働の歴史」とも言われます。
しかし、「一旗上げよう」と考えた、朝鮮人や日本人の就労希望者は多かったのです。

1944年頃の九州の炭坑では、朝鮮人の月収は150〜180円と高給でした。
当時の巡査の月給(45円)の3〜4倍で、大卒事務系初任給(75円)の2倍以上でした。

1938年の「国家総動員法」に基づき、朝鮮では1939年に「朝鮮人労働者募集要項」(民募集方式)がありました。

これは、炭鉱や鉱山など日本内地の事業主が、厚生省と朝鮮総督府の許可を受けて労務者を募集して、応じた人たちが内地に渡航するという、朝鮮人の自由意志でした。

1939年に「国民徴用令」(徴用方式)は、日本内地で実施され日本国民は徴用に応じる義務がありましたが、朝鮮への国民徴用令の適用は差し控え、朝鮮人は免除されました。

1942年に「朝鮮人内地移住斡旋要綱」(官斡旋方式)がありましたが、これも「朝鮮人労働者募集要項」と同様に、朝鮮人の自由意志でした。

日本内地にいる朝鮮人に、国民徴用令の適用を実施したのは、1944年9月から大東亜戦争終結の1945年8月までです。
また、1944年9月に朝鮮で徴用が行なわれましたが、翌年3月までのわずか7ヶ月だけでした。

当時の朝鮮人は日本国民ですから、日本国民と、当時は日本国民だった台湾人と同じように徴用に応じる義務がありました。

韓国人が理解していないのは、大東亜戦争とは日本の侵略戦争ではなく、米・英などによる植民地支配への自存自衛戦争ということです。

もし日本がハルノートを受け入れ、日本が支那や満州から撤退していたら、日本では失業者が溢れ、夥しい数の日本人が餓死などで死んでいたでしょう。

そして、亜細亜の大国の地位を失い小国に転落すれば、日本は米国・ソ連などに植民地支配されていたでしょう。

英国に植民地にされたアイルランドの人口は、1841年の820万人が1911年には444万人と約半分になりました。

つまり、日本が植民地支配されていたら朝鮮半島も植民地にされていたのであり、当時徴用された朝鮮人も自分の身を守るために働いていたのです。

  (http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/37956142.html

上記のとおり、軍艦島は「当時としては最先端の設備を惜しげもなく使った、当時の有力な資源である石炭採掘作業を行う労働者のための島」でした。

過酷な作業は、日本人も朝鮮人も関係ありません。
ただ、作業に対する企業のサポートとして、この島の最先端設備があったのでしょう。

「朝鮮人の強制連行」の捏造のために軍艦島が利用されるのは、地元民として非常に腹が立つ話なのです。

    ・軍艦島:坂本道徳氏の思い出 (参考画像等)
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「強制連行」の捏造に利用される軍艦島  バックは任せろ! 〜 察する日常 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる