バックは任せろ! 〜 察する日常 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS フランスという国のイメージと実態

<<   作成日時 : 2015/01/23 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

フランスと言うと、何か芸術とロマンだとか農業国だとかのイメージが作られていますが、実際はどうなのか?

八百万の神々のお恵み  2015/01/22  (加瀬英明のコラム)

 1月にパリでイスラム過激派テロリストによって、週刊新聞社『シャルリ・エブド』が襲撃されて、17人が犠牲となった。

 フランス政府は、直ちに全国で3日間の喪に服することを決定し、パリで160万人にのぼる市民が、『シャルリ・エブド』社に対するテロに抗議する空前のデモ行進を行った。

 痛ましい事件だった。イスラム過激派のテロに対して、断乎として戦うべきである。

 しかし、200年あまりの隔たりがあるものの、フランスが最大のテロ国家だったことを思うと、隔世の感があった。

 フランス革命は、1789年から99年にわたって、大量殺戮を行った。

 国王、王妃から、貴族、富裕階級、革命の敵とした人々まで、休みなく断頭台(ギロチン)に送って、処刑するか、3万人以上が虐殺された。

 フランス革命は宗教を否定して、教会の財産を没収し、僧侶や尼僧を殺戮した。

 日本からノートルダム大寺院を訪れる観光客が、そろって「荘厳だ」といって感心する。だが、フランス革命によってノートルダム大寺院から、聖像がいっさい取り払われて、「理性の伽藍」と改名されたことを、知らない。ノートルダム大寺院には恐ろしい過去が、宿っている。

 新政府によって祭壇が壊されて、そのかわりに模造の丘のうえに、「知性に捧げられた」ギリシア神殿のミニチュアが安置された。その右に、裸の「理知の女神」像が赤白青の3色の腰布を巻いて立ち、左に「真実の炎」と呼ぶ常明灯がともされた。

 1月に、パリの街路を埋めて行進した群衆が3色旗を振りながら、やはりフランス革命が生んだ「自由、平等、博愛」のスローガンを連呼していたが、私はフランス革命の流血の惨事を思い起こした。

 日本のテレビの特派員が人の波を背景として「花の都パリを埋めて‥‥」と、解説していた。日本では、「花の都」と呼ばれている。

私はナポレオン3世(在位1852年―70年)が革命を恐れて、パリの中心部に拡がる貧民街から、軍隊を使って貧民を追い出して破壊し、そのあとに凱旋門を中心にして、街路が放射線状に整然と伸びている都市を建設したことを、思った。

 私にはパリのような無機的な街よりも、ロンドンや、東京のように有機的に拡がった都市のほうが寛げる。

 『シャルリ・エブド』が、預言者モハメドを諷刺してきたために、テロの標的となったが、フランスをはじめとしてヨーロッパでは、宗教離れが急速に進むようになっている。どこでも、大伽藍が観光施設になっている。ヨーロッパでは、アフリカ人や、インド人の神父が珍しくない。

 しばらく前に、アメリカの友人が「ヨーロッパの宗教離れはひどい」と慨嘆して、『シャルリ・エブド』紙を1部くれたことがあった。1面に諷刺画と「聖書(バイブル)も、トラも、コーランも、トイレットペーパーにして便器に流そう」という言葉(「トラ」はユダヤ教聖書)が、載っていた。

 イスラム教は一神教として、まだ若い宗教である。マホメド(570年頃〜632年)によって7世紀に、ユダヤ・キリスト教の分派として生まれてから、1400歳あまりにしかならない。ユダヤ・キリスト・イスラム教は同じ神を礼拝しており、中東のキリスト教徒は神を「アラー」と呼んでいる。

 キリスト教がこの年齢だった時には、狂信から発した宗教戦争、異端裁判、ユダヤ人虐殺や、異教徒との戦争に明け暮れていた。

 日本では大虐殺や、宗教戦争が、1度も起らなかった。

 「宗教」という言葉も、明治に入って造られるまで、存在しなかった。宗派が共存していたので、宗門、宗旨、宗派という言葉しかなかった。

 宗教という言葉は、開国後、他宗を認めないキリスト教が入ってきてから造られた、明治翻訳語である。

  (http://www.kase-hideaki.co.jp/magbbs/magbbs.cgi

メディアなどに作られたイメージとは怖いもので、歴史を少し学ぶと全然間違っていることも多いですよね。

フランスのイメージはとても良い印象がありますが、フランス革命などの呪われた歴史がメディアで封印されているように思います。
実際は「社会主義的、左翼的で雰囲気に飲まれ易い」という国な様に感じますがいかがでしょう。

もっともフランスが悪い国というわけではなく、「イメージが現実よりも良すぎ」だということだと思っているのです。
______________

それにしても、キリスト教などが入ってきてから日本はかなり混乱したようですね。
個人的には、一神教というのはかなり罪深いもののように感じます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
http://fx-brokers-review.com/index_hr.html Analiza interaktivne usporedbe reguliranih Forex brokera
BrokersKer
2017/07/04 13:43
<a href=http://www.lorenzobistro.com.br/2016/12/what-could-be-the-way-forward-for-printed-books-25/>https://uk_grademiners_com/essay-writer</a>
Davidweapy
2017/08/03 02:24
マ萵赳 礪? 琿褪A 蓁? ?褞@??
<a href={url}>{keyword}</a>
<a href={url}>{keyword}</a>

<a href=http://www.tualet86.ru/>瑩褊萵 ?褥? 琿褪?</a>
<a href=http://www.tualet86.ru/>瑩褊萵 ? @跖籵韃 礪C?褪A</a>
GregoryyanPirty
2017/08/12 07:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
フランスという国のイメージと実態 バックは任せろ! 〜 察する日常 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる