バックは任せろ! 〜 察する日常 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「情報戦に賭ける覚悟と執念」が素晴らしい

<<   作成日時 : 2014/12/05 12:57   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は今日の水間氏のブログの内容ですが、その覚悟と執念がすごいです。
羽田空港での死亡保険自販機が撤去されてました  (水間ブログ)

<一部抜粋>

『 飛行機事故は、運命に左右されますので、
万が一、独身者の保険の使い道は
「資金があったらできる情報戦を遺言で仕掛けれる」ように、
死んでも戦えるようにしてあります。
※それは、『南京の実相』と「慰安婦問題」の一次資料に解説を付け、
翻訳したものを、米国を中心に各大学の歴史学者やジャーナリスト、
マスメディアの報道責任者クラス等、約8000名に発送して貰えるようにしてあります。
その総額が保険金3000万円で完結できるのです。
11月号の『歴史通』に「ユネスコ記憶遺産審査委員」に
発送した文書を寄稿しましたが、準備してある「文書」と似通ってます。

最近、政府関係者が情報戦の対策として、
500億円の予算で「ジャパンハウス」をつくり、
対抗手段にするようなことを報道していましたが、
これは情報戦を「利権」と考えたド素人の発想です。

まず、喫緊にやらなくてはいけない事は、
中国・韓国の捏造宣伝を潰せる「ソフト(一次資料)を収集」して、
翻訳して米国を中心に世界中の関係者に配布する事なのです。

「ジャパンハウス」などの箱物は、情報戦に勝利した後で造ればいいのです。

実際、
500億円の2%の10億円と
職員10名の指揮権を与えて戴ければ、
3年以内に「南京問題」と「慰安婦問題」を
完全に終結させることができると断言します。
それが可能なことであれば、
皆様方も安心できるでしょうが難しいでしょう。
  』
                           
                                                         

私には政府が税金でやることを変えることもできませんし、活動に協力しようにもお金すら無い有り様です。

水間氏の情報戦に対する覚悟には、敬服いたします。

   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「情報戦に賭ける覚悟と執念」が素晴らしい バックは任せろ! 〜 察する日常 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる