バックは任せろ! 〜 察する日常 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 災害復旧 地元土建業者を活用すべき

<<   作成日時 : 2014/12/09 15:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自衛隊は緊急時の対応をしてくれるのです。
無料のボランティアではありません。
なんでもかんでも自衛隊をつかってはいけない。  (月夜のぴよこ と 空耳うさぎさんたち)

何でもかんでも自由化の時代ですが、通信業界での自由化により、利用者が選んだ選択が電話不通となり命を落とす犠牲者も出ている。これぞ、安物買いの銭失いの世界です。

引用 ここから

<徳島大雪>安否確認…普及させたIP電話が停電で使えず
毎日新聞 12月8日(月)20時37分配信

 四国山間部などを襲った大雪の被害で、徳島県内では8日も▽三好市▽東みよし町▽つるぎ町で計258世帯452人の孤立状態(午後7時現在)が続いた。3市町によると、積雪や雪による倒木が道路を塞いだことで、道路が各地で不通となっている。8日は陸上自衛隊が約180人態勢で除雪や倒木を撤去する一方、自治体職員と組んでヘリコプターで集落に降り、住民の安否確認を進めた。孤立が4日目と長期化していることから、東みよし町は、町職員らが徒歩などで孤立集落の住民を訪ね、米や灯油、紙おむつなどを届けた。

ここまで

除雪が進まないのも、以前は沢山いた地元の土木工事会社が過当な競争入札により衰退してしまい、業者がいなくなってしまっているのではないかと思えます。

土建業者がやれば済むことを自衛隊を利用する今の復旧対応には、これでいいのかと思ってしまいます。

緊急時の初動の救助活動が終われば復旧作業は地元の業者に発注するべきですよ。

また土建業がやれば経済効果が高いけど自衛隊がやると民間に仕事がふえない。せっかく財政投資をして地方を潤わせるチャンスなのに、自衛隊が木を切ったり片付けたりしていたら被災地にお金がおちないよ。

なんでもかんでもやすくやればいいという国民の感性だから、せっかく地元の業者に仕事がでるチャンスをつぶして、不況を長引かせていることわかっておかないとね。

自衛隊は国防をになうもので土木作業をするものではないです。

被災地を助けるために土木業者に仕事を発注してあげるべきですよ。   』
                                                                                                                  

不幸な災害であっても成長の糧にしてきた日本の政策は、最近では「不幸がまた不幸を呼ぶだけ」となってます。
政策方針をもう一度見直してもらえませんかね?

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
災害復旧 地元土建業者を活用すべき バックは任せろ! 〜 察する日常 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる