バックは任せろ! 〜 察する日常 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲田朋美政調会長が「百人斬り」に言及

<<   作成日時 : 2014/10/29 12:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

稲田朋美政調会長が「百人斬り」のことについて、コメントしてます。



この稲田朋美政調会長が「百人斬り訴訟原告側弁護人」の時、ある証拠が提出されなかったそうです。
超拡散希望《単刀直入;稲田朋美政調会長に公開質問状》  (水間ブログ)

■今日の産経新聞を見て驚きました。

「百人斬り裁判」の公判中に衆議院選挙に出馬して、現在、自民党の政調会長になっている稲田朋美衆議院議員が、産経新聞の“単刀直言”のインタビューに応えて「私は特定のマスコミ批判は避けたい。ただ日中戦争の南京戦に絡む“百人斬り”に関する報道の行方には注意しているんですけどね。朝日にはぜひもう一度再精査をお願いしたい」と、無責任な発言をしていました。今まで「公」に「百人斬り裁判」を問題視したことはありませんが、この発言だけは看過出来ません。記事の中で、都道府県に江沢民の銅像を建てるなどと話題をとった二階衆議院議員について、「政調会長って、いろんなところに地雷が埋まっていて大変ですよ。……うれしかったのは、二階さんと仲良しになったことかしら」など、身近で見ていた者には自然な発言のように思えます。

【公開質問】
これは稲田朋美衆議院議員を批判しているのではなく、「国の名誉のために戦う」と寝食を忘れて「戦っていた」と言われているらしい稲田朋美百人斬り訴訟原告側弁護人が、何故、「百人斬り裁判で勝訴できる可能性のあった決定的な証拠」を、地裁から最高裁まで使わないで負けたのかを公開質問します その証拠とは、内閣府賞勲局が作成してくれた野田・向井両少尉に関する勲章の授与に関する回答書です

小生は、南京攻略戦総司令官・松井石根大将→田中正明(松井石根大亜細亜協会会長秘書兼同機関紙編集長)→水間政憲と直系の流れに存在しているのであり、今回の南京攻略戦のコメントは、松井石根大将と田中正明先生だけでなく国家国民の名誉と誇りにかけて見過ごすことは出来ませんでした。

百人斬り裁判では、毎日新聞社は最高裁まで「事実を取材し事実を報道しました」と、繰り返し述べていたので、小生が地裁公判中に提供した内閣府賞勲局の回答は、本来、毎日新聞が連載した「百人斬り競争」が事実であれば、最高の武勲として野田・向井両少尉には各2〜3個「金鵄勲章が叙しされていたはずなのですが、野田・向井両少尉に【金鵄勲章】が一つも授与されてないとの回答で、決定的な証拠だったのです。

佐藤振寿元毎日新聞カメラマンが、地裁で証言する前日(2004年7月11日)に稲田朋美弁護士に提供したとき、稲田弁護士「わぁ〜凄い」と感動した声を発すると、隣にいた高池弁護士が「(勲章)もらってないのに何が凄いの」と応じたところ、稲田弁護士「先生もらってないから凄いじゃないですか」と、稲田朋美弁護士は、その賞勲局作成の授与記録が、決定的な証拠価値があることを一瞬で認めていたのですが、地裁・高裁・最高裁に証拠として提出することはありませんでした

この決定的な証拠を何故、使わなかったのか、納得が行かず2007年2月21日、衆議院内閣委員会で戸井田とおる衆議院議員に、野田・向井両少尉の勲章叙しに関して、政府の正式な確認を求めて頂きました。

福下政府参考人「賞勲局の保管している資料には、向井敏明さんに金鵄勲章が授与されたという記録はございません。…」と、議事録に記録されています。

南京攻略戦問題は、慰安婦問題以上に国家国民の名誉と誇りを傷つけていますが、中国が「南京大虐殺」の象徴としていた「百人斬り競争」が、虚偽として勝訴していたら、中国はユネスコへ「南京大虐殺」など、恥ずかしくて登録申請できなかったでしょう。

稲田朋美衆議院議員は、何故、御自身も「凄い」と評価した決定的な証拠を法廷に出さなかったのですか。この質問は、政権与党の政調会長として、国家の命運を左右する要職にあるこで、正式に回答する必要がありますので、記者会見を開催して答えられるのが、よろしいかと存じます

                                           

なぜ提出されなかったのか、聞きたいところです。

現在、政権新閣僚の「政治とカネ」の問題を野党が次々と追及している状況なので、タイミングとしては安倍内閣を追い詰めることになってしまうが・・・。           
ここは一度解散し、選挙に持ち込む時期かも?

でも政権の維持などは抜きにして、この公開質問の回答は注目でしょう。

  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
稲田朋美政調会長が「百人斬り」に言及 バックは任せろ! 〜 察する日常 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる