バックは任せろ! 〜 察する日常 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS テキサス親父の献身

<<   作成日時 : 2014/10/24 13:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

テキサス親父ことトニー・マラーノ氏が、米国グレンデール市議会でまたやってくれた。



この方はなんでこんなに日本のために行動してくれるんだろうか。
実際、かなり助かっていると思うのだけれども、何か不思議だ。

「慰安婦」の件について言うと、米国では日本人や日系人がモノを言うと反論されるが、マラーノ氏のような米国人が言うとすんなり受け入れられるようだ。
これは女性差別の問題を男が言うと反論されるが、女が言うと女同士で議論がなされるのと同じ構図なのか。

いずれにしても、マラーノ氏はこの一件に限らずいろんな所で活躍してもらっている。
本来ならば日本人がすべき活動なんだろうけれども、日本人がおくゆかしいのか、情けないのか、口論が苦手なのか、うまくできないし、彼がやる方が米国にも日本にも受けがいいようである。

画像

  ・外務省はテキサス親父のご指導を仰げ  (愛国画報 from LA)


それにしても、日本の外務省ってこの件についてもそうだが、拉致問題でも本当にやる気があるのだろうか。
外務省は多分、「自分たちの仕事は条約の交渉などであり、歴史問題や誘拐犯罪などではない」と思っているのではないのか、なぁ〜んて思います。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テキサス親父の献身 バックは任せろ! 〜 察する日常 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる