バックは任せろ! 〜 察する日常 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「南京大虐殺」の捏造を認めた

<<   作成日時 : 2014/09/19 16:32   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「慰安婦」に続いて「南京大虐殺」の捏造にも光が当てられようとしている。

緊急拡散希望《本多勝一氏が『週刊新潮』に「南京大虐殺」派が使っていた象徴的写真を捏造写真と認めました》 (水間ブログ)

『●緊急拡散希望《本多勝一氏が『週刊新潮』に「南京大虐殺」派が使っていた象徴的写真を捏造写真と認めました

「南京大虐殺」派の象徴的な人物で国際的にも著名な元朝日新聞のスター記者だった本多勝一氏が、アイリス・チャンの『レイプ・オブ・チャイナ』や反日左翼が「南京大虐殺」の象徴と使っていた、あの橋の上を中国人老若男女が歩いていた写真を捏造写真と認めたコメントを、今日発売の『週刊新潮』のグラビアページに寄せています。

これは、「南京大虐殺」派の象徴的な人物のコメントとして歴史的な意味があり、「南京大虐殺派」にとっても歴史的な事件なのです。

この『週刊新潮』は、「南京問題論争」の歴史的な資料になりますので、永久保存版として所蔵する価値があります。

これを起点に朝日新聞の「慰安婦検証」から「南京問題検証」へのスタートにするためにも、『週刊新潮』編集部へ、南京問題の写真を継続して取り上げることをお願いしてください。

資料の価値を一般国民に知らしめることは、同写真の背景を『ひと目でわかる「日中戦争」時代の武士道精神』で写真とともに解説していても1万人の読者諸賢だけが覚醒していても世論になるには程遠いのが現状です。しかし、『週刊新潮』に取り上げられれば、発行部数から銀行や医院などの待合室に置かれることで数百万人が見ることになり、その影響力は絶大です。

すでに覚醒されていらっしゃる皆様方が、『週刊新潮』を激励していただけば、朝日新聞「南京問題記事の検証」へ一気呵成に追いつめることも可能になります。』

それにしても今まで一部の方々の努力にもかかわらず全く覆らなかった事実検証(慰安婦・南京大虐殺)が、最近急に動き出した感じである。

戦勝国が作ったニセの秩序は、何のきっかけで崩れていくのか?
求心力の低下?  体制の変化?  お金の枯渇
よく分からないが、誤解が解かれていくのは良いことだ。

しかし慰安婦問題でも海外では「日本は女性を性奴隷にしていた」というのは常識になっているようで、この印象を取り去るのは容易ではないようだ。
政府、関係官庁、朝日新聞、その他マスコミなどの努力が必要なようである。

チャンネル桜 【水間政憲】南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![桜H26/9/18]


まあよく捏造を認めてくれました。向う側から言うと認めちゃったって感じでしょうか。
今までの誤解を解くのにまたさらなる努力が必要ですが、関係者の皆様には今一度頑張って頂きたい!

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「南京大虐殺」の捏造を認めた バックは任せろ! 〜 察する日常 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる